世の中ついでに生きている

おっさんmasaの旅の忘備録

東北旅行2024年 Day19 とまとめ

2024/6/1

 

朝六時ころ起きる

今日で東北旅行も最終日です

 

準備をして出発

 

海の駅九十九里

こはちょっとした博物館があります

お土産を購入

 

無事、家に到着

車の荷物をおろして、整理して

さっき買ったこいつでいっぱい飲む

午後2時に就寝して

深夜勤に出勤しました

 

ボケていてわかりませんが、この旅で3300キロ走りました

 

使ったお金は13万7738円でした

予算は18万くらいと思っていたのでだいぶ安かったですね、北海道行かなったのでフェリー代がかからなかったのと、車中泊が効きました

車中泊用のマットレスで快適度が格段に増した感じです、あまり車中泊が苦になりませんでした

 

久しぶりの旅行でしたがやはり楽しかったです

体の調子も良かったです

というかやはり深夜勤はやめて、日中の仕事にしようかと思いましたね

 

これが今回のコースです

 

2021年の日本一周からの履歴と合わせるとこんな感じに

東北はかなり探索した感じです

 

次の旅行は仕事をやめて2,3ヶ月の旅行を出来たら良いなと思っています

 

東北旅行2024年 Day18

2024/5/31

 

朝5時半頃起きる

朝風呂に行ってから

 

朝食の時間になり行きます

朝風呂で体重計に乗ったら2キロ太っていたので

ご飯は少なめにしました笑

 

8時ころ出発します

 

日鉱記念館へ

こちらは無料で見学できます

日立鉱山の立体的な展示、毛細血管のように掘り尽くしている感じです

 

昔の手掘りの様子、自分の今の仕事もこんな感じです笑

 

かつての日立鉱山の姿、かなり栄えていたようです

 

真ん中が古い立坑で右上が次の立坑だそうです

 

鉱山資料館も見学

 

こちらは採掘の機械や

鉱物を展示しています

 

無料なのにかなりの見ごたえがありました

 

日立オリジンパークへ

無料で見学できます

1932年製の電気冷蔵庫、かっこいいです

 

日立に来たらここと日鉱記念館を見てみるのもいいと思います

 

原子力科学館へ

こちらも無料で見学できます

 

こちらは放射線が可視化出来る箱、これは面白かったです

 

放射線測定器を自分自身に付けて測ってみると0.074にこれは低いのか高いのかよくわかりません

 

手荷物検査が体験できるものも

スマホをいれてみます

こんなのになりました

 

ひたちなか市埋蔵文化財調査センターへ

無料で見学できます

骨から造られた精密な釣り針とかもありました

 

注ぎ口が付いた面白い形の土器

 

こちらも面白い形です

 

乳飲み児を抱く埴輪、これも面白い

 

虎塚古墳の内部のレプリカ

 

擬人化キャラ

 

虎塚古墳も見学へ

年一、二回一般公開もしているそうです

 

51号線を南下していると

セイコーマートを発見、茨城県は結構店舗があるんですよね

パスタとホットシェフのポテトを購入

やはり美味しいです、パスタはこれでもかとお肉が入って130円くらいです

ペコマカードも持ってきていたのでポイントも付けました

少しですが北海道感を感じることができました

 

鹿島スタジアムへ

こちらにはカシマサッカーミュジアムがあり見学

小さめです

 

歴代有名選手のグッズが並べられています

Jリーグ初期に活躍したジーコアルシンド

サッカー好きなら見てみるのも良いかもしれません

受付で付けてもらうリストバンドはそのままお土産として貰えました

 

鹿嶋市どきどきセンター

こちらは土器を中心に展示されています、無料です

沢山並んでますね〜

 

これは大きくてりっぱな縄文土器です

 

これは珍しい、岩を削って造った土偶型のもの

 

りっぱな石棒も、中折れしているのが残念

 

神栖市歴民俗資料館、中は撮影可ですがネットにはあげられないそうです

ここは無料でなかなかおもしろかったです

 

利根川を越えて千葉に帰ってきました

香取市文化財保存館へ

ここは係の方にお願いして開けてもらう形になります、無料です

そんなに大きくはないですが結構色々なものが見れます

埴輪も沢山

 

さて宿に向かいます

スーパーでお買い物して

 

宿に到着

飯岡温泉グロリア九十九里

結構利用している宿です

温泉がそこそこ良くて、最上階の部屋からだと眺望も良いので

いつもの部屋でした

タオル、ハンドタオル、歯ブラシのみで受付でガウン、髭剃りが貰えます

かなり質素な宿です、値段は4500円です

500円ほど値上げしたようです、それでも千葉では格安宿なのでありがたい存在です

部屋からの眺望はかなり良いです

 

温泉へ、真っ黒の塩化温泉です

 

昨日予約していた魚屋さんへ

平公屋

2000円分でお刺し身をお願いしておきました

 

宿に戻り早速食べましょう

ちょっと量が多すぎですね

1500円か1000円でも良かったかも、時間を伝えておけばその時間にサクから切ってくれるので角が立ったお刺身で新鮮です

こんな感じで景色を眺めながら舌鼓

やはり美味しい刺身です、日本酒も完飲しました

明日は帰宅してからまた深夜勤です、この旅最後の晩餐です

この旅のことを思い出しながらゆっくりと食べ飲みしました

 

大満足して、温泉に軽く入って寝ました

 

 

東北旅行2024年 Day17

2024/5/30

 

朝7時ころ起きる

 

今日は天気が良さそうです

 

ひと風呂浴びて朝ごはんに行きます

俺の朝ごはんスペシャルです

大体全部のせてみました笑

朝から野菜や納豆ヨーグルトが取れてありがたいです

 

ここは貸切風呂が無料で利用できます、昨日予約していたので入りに行きます

 

結構いい感じの露天風呂でした

ただ塩素臭いのと近くの鬼怒楯岩大吊橋から丸見えになる場所があるので注意が必要です

まあ自分的には見られても大丈夫なので問題なかったのですが笑

 

「人生は旅」スリッパ欲しい

 

チェックアウトして、ホテルの方に一時間くらい延長して車停めてもいいですか?と聞いたところ快く了承していただきちょっと周辺を散歩してみる

 

鬼怒楯岩大吊橋へ

鬼怒川の良い景色が見れます

鬼怒川のホテル群は廃墟になっていると言われていますが意外と廃墟はそこまで無い印象です

 

チェックアウトしたとき1000円の割引券を貰い、今日は奥久慈に行ってみたいなと思っていたところ奥久慈に伊東園ホテルズがあったのでそこを予約しました

食事は場所が違ってもだいたい同じなので連泊するのは悪手なんですがね

伊東園ホテルズ気に入ってますね笑

 

道の駅 湧水の郷しおや

いっぱい入ったイチゴが700円で売っていたのでお土産用に購入

 

道の駅 那須与一の郷

ここにある那須与一伝承館へ

最初に見る映像と人形の複合映画がなかなか面白かったです

 

太田市なす風土記の丘湯津上資料館へ

こちらは100円で見学できます

多孔石皿

 

レプリカですが国宝で近くにあるそうです

 

お隣りにある大田原市歴史民俗資料館へ

現在休止中でした

 

那珂川町 馬頭郷土資料館へ

こちらは無料で見学できます

ガラスで造られた日光東照宮、これはすごい

 

こちらは焼き物やタバコの葉の栽培が盛んなようです

 

那珂川町 馬頭広重美術館へ

こちらは500円で鑑賞できます

写真撮影可です

おしゃれな建物です

リフレッシュできました

 

道の駅 奥久慈だいご

 

今日の宿に到着

ホテル奥久慈館

外観は結構ボロ目、、、いや味わいのある感じです笑

なんとなく緑豊かな場所にあるのかと思っていたら

意外と市街地な場所にありました

 

泊まる部屋は別館の洋室になります

部屋はこんな感じ、建物外観がアレな感じでしたが、部屋は結構きれいです

必要なものは揃っています

部屋からの眺めは高台に立つホテルなのでちょっと期待していましたが

竹林でした笑

 

これは懐かしい

 

男湯女湯は入れ替え制で朝夕で両方とも楽しめるシステムになってます

 

泉質は単純泉ですっきり系です、ちょっと塩素臭がしますが大量の観光客が来る宿は循環で塩素を使うのはまあ当たり前といったら当たり前ですね

 

部屋でゆっくりとしていると夕食の時間です

大体昨日と同じですが、昨日無かったモノもありました

ただ昨日の鬼怒川ロイヤルホテルより品数は少ないですね

会場も狭めなのでしょうがないところもあるのでしょう

こちらで乾杯です

 

日本酒は茨城の明和酒類ものが、ワインが無くちょっと残念

 

第二弾、これで昨日と今日で殆どのモノを食べたと思います

 

締めのそば&もつ煮

もつ煮は結構美味しくて自分好みの味

 

満足しました、昨日今日とバイキングの連続で体重がバク上がりの予感です

 

就寝後も目が覚め

昨日と同じカイジを見てからまた二度寝しました

 

明日は帰宅予定ですが千葉の銚子方面でもう一泊して帰ることにしました

 

 

東北旅行2024年 Day16

2024/5/29

 

五時半ころ起床

準備をして出発する

 

福満虚空蔵菩薩圓藏寺へ

歴史を感じさせる佇まい

彫り物も精密です

 

やないづ町斎藤清美術館へ

企画展は写真撮影禁止でした

ここに来るまで斎藤清は知りませんでしたが、素晴らしい版画で驚きました

版画なんですが色使いがハッキリとしていて版画だけど絵画のような印象を受けるものも多かったです

記念にポストカードも一枚購入

 

 

道の駅 尾瀬街道みしま宿

只見線ビューポイントなるものを発見ちょっと行ってみます

ちょっと遠いですがズームするとこんな画に

 

道の駅 奥会津かねやま

駐車場端からこんな景色が見れたので

ここでちょっとご飯を食べます

途中のスーパーで購入したソースカツ丼

結構出来立てだったのでサクっとして美味しかったです

ここの道の駅は簡単な資料館も併設していて曲家も無料で見学できます

 

お隣りにある

東北電力会津水力館みお里も見学

アート作品や東北電力の初代社長の展示物が中心です

片岡鶴太郎のアート作品も観れます、私的には正直微妙でした

 

大塩温泉 共同浴場

結構立派な建物です

入浴料は400円です、無人なので箱に入れます

休憩室にテレビも自販機もあって、共同浴場の範疇を超えてますね

浴室にはカランが2つあってなんとボディーソープも備え付けてありました

シャンプーやハンドタオルも入口に各100円で売っています

川を見ながら露天風呂も

泉質は有馬温泉系の鉄の香りがする温泉で、かつ炭酸泉です、そこまでシュワシュワしませんが入っていると気持ちがいいです

炭酸泉なので温度は低めで露天風呂に30分くらい浸かってました

素晴らしい温泉です、鍵付きロッカーやドライヤーまであってスタッフの方が居ないだけで共同浴場感はほぼ無いです

 

のどが渇いたので水を飲みましょう

近くに炭酸水が飲める場所があります

大塩天然炭酸場

ここから汲むことが出来ますし、吊るされたやかんで地下から汲むことも出来ます

ペットボトルに入れて飲みましたが微炭酸でとても美味しかったです

 

大塩の老杉

 

滝沢川おう穴群へ

天然のウォータースライダーのようでした

 

ただみ・モノとくらしのミュージアム

こちらは無料です

企画展で着るものの展示が多かったです

ヒブセというものらしいです

なかなか精巧な彫り物です

 

会津博物館南郷館へ

入館料は300円です

 

階段を上がっていくと

ん??

 

美女が順路を示してくれていました

 

展示方法がかなり昔の感じで好きですね

 

明かりに特化した展示室とかも珍しい

 

なんかもう色々あります

石器とだけ書いてあるものもあり、これもしかしてただの石じゃね?的なものもありました

なんかマネキンがちょっと色っぽいです、この辺は初代館長の好みなんでしょうか?

 

旧齋藤家住宅

 

このあたりは道路沿いが山と川の景色が良く、素晴らしい風景が連続している感じで走っていて飽きません、今度はバイクで冬は只見線で来てみたい場所です

 

古町の大銀杏、本当にデカいです

 

途中曲家が見れる看板を発見、吸い込まれる

前沢曲家集落へ

受付で300円を払い、前沢集落に入ります

一般の方が生活しているので中を見学できるのはこの資料館だけです

丁度、茅葺の補修が行われてました

水が綺麗で豊富、とても環境のよい場所です

冬は大変そうですが

 

ちょっと展望台へ

急な坂道を登り

前沢集落を上から観れます

 

時間が無いのに道の駅に寄ってしまう

 

ちょっと小腹が減ったのでとちの実大福を二個食べる

ここで宿に18時位に到着しそうと電話する、ご飯は一部制で18時からになると伝えられる、大福二個食べるんじゃなかったと後悔、現在17時です笑

宿に到着、鬼怒川ロイヤルホテル

伊藤園ホテルズの宿です

巨大で年季の入った宿です、伊東園ホテルズはどこもそんな感じですね

 

部屋はこんな感じで広いです

大きさと価格は関係ない感じです(一泊8998円でした)

部屋からの眺望はかなり良く驚きました

 

ひと風呂浴びてから食事の会場へ

15分くらい遅れましたがこのくらいに来るのがオススメです

スタートからいると殺気立ったおばはんが横入りしてきたりと結構イラつきます笑

15分位経つととりあえずお腹が満たされて和やかな雰囲気になりますので

まずは安定?のダブルビールですね

 

スペシャルの完成です笑

カキフライがあったのでガッツいてみました

まあ味の方は安いですのでそれなりです、バイキングで飲み放題なので量で勝負って感じです

ただビールは回転がいいのかどこの伊東園ホテルでもはずれなしで美味しいです

 

日本酒、菊水や真澄もありました

 

フェットチーネを茹でて食べましたが、美味しかったです

最後は優雅にデザート&コーヒーです

コーヒーがもう少し美味しいと良いんですが

 

なんか辛口でしたが雰囲気はホテル界のすたみな太郎って感じです

この雰囲気だめな人も多いでしょうが私は結構好きですね

いつか伊藤園ホテルズ全制覇してみたいです笑

 

その後すぐ寝ましたが

夜中なぜか目が覚めて二度目の乾杯

カイジを見てたらまた眠くなり二度寝しました

 

 

東北旅行2024年 Day15

2024/5/28

 

朝6時ころ起きる

昨日の残り物で朝ごはんを済ませる

 

準備をして出発する

 

新発田城跡へ

立派な表門、重要文化財です

中も素晴らしいです

 

旧二の丸隅櫓、こちらも現存櫓で重要文化財です

 

白壁兵舎広報資料館へ

自衛隊の資料館です、無料です

名将の今村均

 

かなり色々なものが観れます

ここの部隊は第二次大戦中に悲惨な状況だったガダルカナル島に派兵されたそうです

 

こんな飲料が売っていたので購入

 

新潟水俣病資料館へ

無料です、ここは来てみたかった施設です

水俣病は熊本だけではなく、新潟でも発生しました

一階は阿賀野川に生息する淡水魚が鑑賞できます

 

二階は新潟水俣病についての映像資料などがみれます

こちらは語り部の映像資料

 

来てよかったです

 

となりのビュー福島潟へ

三階までは無料で見学できます

三階の展望台から福島潟を見れます

 

新潟市北区郷土博物館へ

こちらも無料で見学できます

福島潟の漁具などの展示が中心です

企画展で新潟地震の展示がありました

 

北方文化博物館へ

こちらは越後一の豪農だった伊藤家の五代当主が明治20年に建てた大豪邸です

ものすごい豪邸です

 

伊万里焼や沢山のすばらしいお宝も見学できます

ただただ圧倒されます

庭がまた素晴らしく、ただ豪華な家や庭ではなく、調和が取れて上品な雰囲気です

そのへんの大名庭園よりも洗練されている感じです

入場料は800円ですが、建物や庭が好きな方なら損はないと思います

 

史跡古津八幡山弥生の丘展示館へ

無料で観覧できます

 

銅鏡の鋳造体験が出来るそうでやってみます

800円です

IHで加熱します

溶けるのかな?と思いましたが溶けました

 

溶けたのをこの型に流し込みます

冷めるまで待ってから、開けます

端を切って、砥石でバリを削り取ります

 

その後は紙やすりを二種でひたすら磨きます

結構疲れます、その後ピカールでテカリを出して完成!

一応スマホが映る程度の鏡にはなりました

大満足です、良い記念になりました

手伝ってくださった係の方ありがとうございました

火焔型土器の企画展がやっていて興奮しながら鑑賞

 

いろんな土器と解説が素晴らしいです

 

お隣の新潟県埋蔵文化財センターへ、こちらも無料です

ご立派な石棒がお出迎え

 

小さめな展示室ですが縄文期の木製品や漆製品、糸製品とかとても貴重なものも見れます、映像の解説が付いている展示物も多く助かります

新潟産ヒスイは縄文人に珍重されました

丸木舟も

 

もはや芸術品のような縄文土器が沢山!

 

こんな形の土器は初めて見ました

たしか中期の土器なのに模様がすごい精巧で驚きました

 

施設を出ると大雨に、遺跡を見るのは諦めました、また次回の宿題です

 

スーパーでお買い物して

 

道の駅 阿賀の里

 

道の駅みかわ、ここは現在休止しているそうです

 

道の駅にしあいづ よりっせ

ここで車中泊させてもらいます

 

近くに温泉があるようで行ってみます

ロータスイン、現在温泉が出ないようで沸かし湯ですが500円から300円とお安く入浴できます、温泉ではないようですがスッキリとしました

 

さて道の駅に戻り

ご飯を食べます

アジの刺身、鰹たたき、ごぼうさらだ、残りの山菜キムチ、おにぎりです

鯵の刺身が美味しかったです、日本酒やサッポロクラシックにあいました

 

夜はちょうどよい気温で即寝ました